トップページ:刺しゅうワッペン製作のsacom works【さこむわーくす】 sacom works × ロイヤルテーラー
サバイバルゲーム用ネームテープ
胸のベルクロ、埋めてみませんか?

sacom works製ワッペンの作成事例をご紹介。
これまでのワッペン作例
少数少量でも気軽にワッペン製作の秘密
10枚から気軽にワッペン製作
ワッペン製作料金の算出方法について記載しています。
気になる価格はこちら。
ワッペンのデザイン方法や注意点、材料等の使用、納期等について掲載しています。
デザイン・仕様・納期など
サブデュード・ロービジ・低視認配色sacom works得意分野! サバイバルゲーム用お手軽価格ネームテープ 特殊部隊系装備に最適!オリジナルコールサインパッチ 自衛官の皆様からもご依頼いただいています。私費製作はsacom worksにお任せ! sacom worksサバイバルゲーム用ワッペンへのこだわり。

実物素材によるネームテープ製作です!
ネームテープ製作については
ロイヤルテーラーさんに委託しております。
こちらのサイトよりお問い合わせ・ご注文お願いいたします。
http://royaltailor-oki.com/

※【参考:sacom works的ネームテープ考察】

 米海兵隊等の規則では、ネームテープ用フォントは”ブロック体”となっているようで、米軍から刺繍業者へ提供されるフォントサンプルも”ブロック体”で提供されているようです。
 しかし実際には、米国、日本国内において様々なフォントで製作され、流通しているケースが見られます。

 下記は県内の払い下げ品店で流通しているBDUに付いていた、実物ネームテープです。
 ブロック体以外のものも審査をパスしているようで、よく使われています。



 余談ではありますが、かつての刺しゅうはコンピュータ刺しゅうではなく、ミシンの上で生地を滑らせて模様を描
く「手振り刺しゅう(横振り刺しゅう)」が一般的でした。
 手振り刺しゅうミシンは振り幅(ジグザグの幅)を自由に決めることができ、また、一般的なミシンにある「送り」がないため、自由に曲線を描くことができます。
 しかし、幅が変わる綺麗な曲線を、一定の密度で刺しゅうするには”熟練の技”が必要で、大量のネームテープを刺しゅうするための技能者を養成するには、かなりの時間、コストが掛かったと考えられます。

 ブロック体は、一定幅のジグザグ機能がある(密度の濃い縫い方ができる)ミシンを使うことで再現できるので、大量生産のために技能を修得しやすいフォントとして採用されたのではないかと、刺しゅう技師的に推測しています。

          

お問い合わせメールフォームへGO!
お問い合わせメールフォーム
sacom works製ワッペンの作成事例をご紹介。
これまでのワッペン作例
少数少量でも気軽にワッペン製作の秘密
10枚から気軽にワッペン製作
ワッペン製作料金の算出方法について記載しています。
気になる価格はこちら。
ワッペンのデザイン方法や注意点、材料等の使用、納期等について掲載しています。
デザイン・仕様・納期など
トップページ:刺しゅうワッペン製作のsacom works【さこむわーくす】
sacom works【さこむわーくす】

他の刺しゅう店にはありえない、”ミリタリーの知識とセンス”をフル活用!!
”本物を越えるミリタリーらしさ”を追求したご提案で、サバイバルゲーム用
チームオリジナルワッペン・パッチ製作をサポートいたします。
インターネット刺しゅう店”sacom works”

サバイバルゲーム 総合ページ
inserted by FC2 system